2005.05.31(火) 
■ケージセットアップ
 羽化したチェゼーナ産の体が大分固まってきたので、飼育ケージをセットアップすることにした。
 3月中旬に羽化したチェコ産の♀が1ヶ月程度で産卵に及んだことを考えると、産卵木も早めにセットした方が無難そうである。小型種故に成熟も早いのであろう。

 ケージはいつもの如く、17cm角のアクリル水槽である。産卵木は柔らか目のコナラの細材を選択してみた。これまで、コナラ材の成績が今一つであったので、最近はクヌギ材を使用しているのであるが、単にコナラ材を主に用いていた12月〜2月の居間の環境が産卵には不向き(多分、湿度の問題だと思う)だっただけとも考えられるので、夏を控えて、果たして本当にコナラよりもクヌギが向いているのか試してみようと考えている。

イタリア産INDEXへ