2005.09.23(金) 曇時々晴 最高室温:28.6℃ 最低室温:26.3℃
■割りカスから幼虫回収
 先月25日に割出した材の割りカスを保管していたビニール袋の外から、新しい食べカスの木紛と共に幼虫の姿が確認できたので、早速回収を試みた。

 袋の中身を全て新聞紙の上にぶちまけて、幼虫が絶対に入り込めないような小片を除きつつ、幼虫の姿を探してみると、3匹の幼虫が姿を現した。更に、残ったやや大き目の破片を割っていくと、こちらからも1匹の幼虫を得ることができた。

 ユーロオオクワ産卵木の割出しは、既にそれなりの数をこなしてきたが、割りカスから新たに幼虫が見つかることも度々である。適当な頃合に材を取り出さず、♀と同居させているので、割出し時にまだ卵の状態のものが残っているのが原因だと思うが、何にせよ、割りカスのチェックもしっかりやらねばと思う次第である。

イタリア産INDEXへ