2005.12.17(土) 曇時々晴 最高室温:21.9℃ 最低室温:18.4℃
■菌糸瓶試行

 これまでの経験から、ユーロオオクワ幼虫を200ccプリンカップで個別に飼養した場合、羽化迄には概ね一回のエサ交換が必要であることが分かった(中には2回の交換が必要な場合もあるが)。初齢で回収した場合、とりあえず90cc乃至は120ccの容器で飼養する場合も多いので、これを勘案するならば、羽化迄に必要な醗酵マット乃至は菌糸の量は大凡500cc程度と言えそうである。

 これに基づいて、最も手間がかからないという意味で合理的な幼虫飼養方法を考えるのであれば、回収後すぐに500ccの容器にて飼養を開始し、成虫になる迄放置するという方法であろう。ユーロオオクワは概ね半年程度で成虫になるので、エサは醗酵マットにしろ、菌糸にしろ、持ちの良いタイプのものを選べば、劣化はそれ程気にしなくても良いだろうから、エサ交換に伴うストレスやショックによる早期蛹化や体の縮みを防ぐことができる筈である。しかもこちらの手間も大幅に省ける。
 欠点は、場所をとることと、早期に幼虫が死亡した場合、エサが無駄になる事であろう。この辺に配慮するならば、回収後とりあえずは120ccカップで飼養し、これをほぼ食べ切った所で400〜500ccの容器に移せば良いと思う。

 そこで、果たして本当にこの方法で行けるのか、エサ交換の時期を迎えたイタリア・チェゼーナ産幼虫で試してみることにした。8〜9月回収の幼虫が、一つ目の200cc菌糸カップをほぼ食べ尽くしたので、これを500ccの菌糸瓶に投入して、成虫になる迄に一体どの程度のエサを食べるのかを計測してみたい。
 予想としては、半分程度食べた所で蛹化すると思われ、このような結果となれば500cc 容器による飼育で問題ないということになる。
 しかし、もう一つの予測というか可能性として、「半分以上食べ進んで、中々蛹化しない」というのも考えられようかと思う。200cc カップ2つ目で蛹化する個体が多いのは、単にそれ以上エサがないからであり、ふんだんにエサがあれば、蛹化などせずに、どんどん食べ続けるのではないかという気もしないではない。
 どちらに転ぶか、結果を見守るとしよう。

 さて、今回は、これ迄フジコン・オオヒラタケ菌床の200ccカップを用いていたので、同じ銘柄の菌糸瓶を用意することにした。あいにく、フジコンでは500ccの菌糸瓶は扱っていないので、ブロックを購入して自分で詰めるしか道はない。幸い、フジコンでは500cc のガラス瓶自体は扱っているので、これを24個と菌床ブロック2個を、マット等の他の消耗品と併せて発注した。
 しかし、こういう事であれば、最初っから500cc菌糸瓶がラインナップされている銘柄にしておけば良かった。フジコンのオオヒラタケ菌床は、たまたま普段使っているマットがフジコン製だったので、併せて購入できて便利だという事で選び、試しに使ってみた所、案外菌糸の持ちも良く、特に不満もなかったので使い続けているだけである。最近、フジコンの菌床は、オオヒラタケと言っても、所謂「エリンギ」というヨーロッパ原産のキノコを使っているという事が分かり(カブトムシ幼虫ケージに菌糸カスを投入した所、エリンギが生えてきた)、「知らず知らずにヨーロッパ原産キノコの菌床を選んだ俺ってスゴイ」とかちょっと気を良くもしたのであるが、まあ、キノコが欧州原産種だからと言って、何か特別なことがある訳でもないので、次回からは500ccボトルが用意されている銘柄に切り替えてみようと思う。
 正直、キノコ嫌いの私にとって瓶詰め作業は、たちこめるエリンギ臭の中、吐き気をこらえながらの地獄の作業であった。私も大分成長したもんだが、やはりそれだけこのクワガタに魅力を感じているのであろう。キノコ嫌いの私にここまでやらせるとは、小さいクセに侮れないクワガタである。

 一応、フジコン菌床1ブロックから、500cc瓶7本を作ることができた。今回は2ブロックから500cc瓶12本と、200ccカップ5個を作成。一週間程段ボールの中で寝かせた所、ちゃんと白い菌糸瓶になっていて、ちょっと感動した。えづいて流した涙が無駄にならず、本当に良かったと思う。

イタリア産INDEXへ