2006.06.12(月) 曇時々晴 最高室温:26.3℃ 最低室温:24.9℃
■F2・32.5mm♂掘り出し!
 5/29に羽化を確認したチェゼーナ産♂大型個体の体がほぼ固まったので、掘り出してみた。早速ノギスをあてて計測してみると、アゴを閉じた状態で32mm、開いた状態で33mmなので、間をとって32.5mmといった所であった。

 この個体は500cc菌糸瓶で飼養した個体であり、同じ500cc瓶飼育組からは、スロバキア・ブラチスラビア産で33mm台の♂が2匹出る等、大型個体が続出であり、サイズを狙うには大変効果的な飼育方法であると思う。

 これ迄主に使ってきた200ccカップでは、マット飼育の場合29mmに、菌糸飼育の場合32mmに壁があるようで、中々それぞれの値を上回る個体を出す事が出来ないでいた。つまり、菌糸の場合であれば、31mm台はなんとか出るが、32mmを越す個体はエサ換え時期等に相当気を配っても出せずにいたのだが、500cc菌糸瓶に変えた途端、32mmオーバー続出なのである。しかも3齢になってから投入したにも関わらず、この結果であるので、より早い時期から投入した場合、更なる大型個体も期待できそうである。