2005.05.04(水) 
■ベネチア産ユーロオオクワ
 先週届いた、オークションにて落札したイタリア・ベネチア産ユーロオオクワの飼育ケージのセットアップを本日行った。個体はいずれも2月下旬羽化とのことで、既に成熟していると思われる。早速交尾/産卵にとりかかって頂くとしよう。

 ベネチアと言えば北イタリアを代表する都市であり、従って分布しているのは原名亜種ということになろうかと思う。確かに見た所、♂の前胸背板側縁前端の形状は原名亜種のそれを彷佛させるが、中盤から後端にかけてのラインが他産地(例えばフランス産等)の個体ではほぼ直線状なのに対し、この個体では後ろにいくに従って緩くテーパーがかかっている。また、前胸背板側縁後端の抉れも他産地よりも大きいような気がする。それから、この個体は29mmとやや大型の個体であるが、内歯の位置が他産地の同サイズの個体と比べて前寄りについているようにも思う。
 恐らくこの程度のことは個体変異の範疇であると思うが、累代を続けて、こうした形質を持つ虫がどれ位出てくるものなのか確かめてみたい。

 さて、飼育ケージは17cm角のアクリル水槽を用いていつものように組んだのだが、産卵木は霊芝材を試してみることにした。ユーロオオクワでもかなりの好成績を収めていると聞いており、前々から興味があったのだが、先日飼育資材を纏め買いする機会があり、砂埋霊芝材を併せて購入したのである。
 材質は一見硬そうなのだが、硬くなっているのは表面の薄皮一枚のみで、これを剥いでしまえば、材の肉質自体はかなり柔らか目である。ヒラタあたりに使うとバラバラにされそうな具合なのだが、小柄なユーロオオクワであれば大丈夫なのかもしれない。暫く様子を見るとしよう。

イタリア産INDEXへ