2005.07.04(月) 
■霊芝材空振り
 セットから2ヶ月が経過したので、霊芝材を割出してみた。
 ケージから材を取り出してみると、外からも内部に坑道が穿たれているのが確認できた。写真の赤く囲った部分の木屑が詰まっている部分がそれである。反対の面にももう一本穿たれているようで、材を取り出す際に♂がそこから材の中へと逃げ込むのが確認されている。内部で繋がっているのかも知れないが、2本も穿たれているとなると、それなりに期待できるのではなかろうか?

 材はかなり柔らかく、手で崩せる程で、湿度も充分である。これまで見てきた限りでは、材質が柔らかい場合には、このように内部に潜って坑道を穿ちながら産卵する傾向があるように思う。ただトルコ産のように柔らかい材を与えても潜らない場合もあるし、同じ原名亜種であっても潜る場合とそうでない場合があるので、個体の性格であるとか、材質以外の何らかの環境要因も関係しているのかも知れない。

 さて、坑道に沿って早速割出してみる。まずは先程逃げ込んだ♂が♀と一緒にいるのが見えたので、彼等をつまみ出し、幼虫の姿を追う。坑道に充満した木屑を取り除きながら、食痕を探してみるが、全くそれらしきものが見えてこない。更に材を割って、場所を変えて探してみるが、やはり一向に食痕は現れない。そうこうしている内に粗方割り終えてしまった。空振りだ。
 「霊芝材には良く産む」という前評判であったし、実際にかなりの結果が出ている方もいらっしゃるので、たまたまベネチア産の好みではなかったか、私のセット方法=環境設定に問題があったということだと思う。どうも材が柔らか過ぎたのではないかという気もするが、これに続いて割出したパリ産の場合、同程度の柔らかさになっている部位から幼虫が検出されたし、更には材が完全に粉砕されてマット状になってしまった部分からも見つかっているので、そういう問題ではないのかも知れない。何がいけないのか良く分らないが、幸い霊芝材はもう一本ストックがあるので、再度投入してみようと思う。

イタリア産INDEXへ