2005.09.13(火) 
■産卵に適した材の条件
 7/7 セットのコナラ材を割出してみた。
 12匹の幼虫と2個の卵を回収することが出来た。まあまあの結果と言えよう。

 チェゼーナ産やパリ産等、最近割出したコナラ材の結果もほぼ同様であり、クヌギ材の結果と比べてみても遜色はない。このことから、「クヌギかコナラか?」といった樹種の違いは結果を左右する重要な要素ではないということがハッキリした。
 では、何が重要な要素か? というと、まず第1に材の湿度、第2に材の太さということのようである。

 まず湿度であるが、これは高目である必要がある。国産オオクワの場合はやや乾き気味の方が良いとされるが、ユーロオオクワの場合はこれだと殆ど産まない。ナタやマイナスドライバーを材に押し当てた時に水分が滲み出てくる位の湿り具合がベストなようである。一本の材の中に乾いた所と湿った所とがある場合、これまでの所、例外無く、卵や幼虫は湿った箇所からしか検出されていない。
 材の太さは太目の方が有利なようだ。恐らく太い方が湿度を保ち易いからであろう。また、単純に太い材の方がより多くの卵を産みつけられるというのもあるかと思う。細目の材でも湿度さえ保たれていれば産まないことはないが、回収できる幼虫の数はそれ程多くはないことから、材の面積/容積も重要な要素と言える。

 従って、ユーロオオクワに多くの卵を産ませようと思うなら、太目の材をしっかりと加水しておく必要がある。これまでの経験からすると、丸一日水に浸しておけば間違いないようだ。そして、セットの際は、保湿の観点から、2/3 以上はマットに埋め込むようにした方が良い。完全に埋め込んでしまっても良いだろう。
 セット後のケアとしては、材やマットの表面が乾燥してきたら霧吹きをする等して、材の湿度を保つことが肝要と言えよう。
 但し、やり過ぎは禁物で、余りビチャビチャにしてしまうと今度は材やマットの中が酸欠気味になり、折角産んだ卵が死んでしまう。材やマットの表面が軽く湿っている程度でキープしておくのがベストなようである。

イタリア産INDEXへ