2006.05.15(月) 晴 最高室温:23.7℃ 最低室温:22.3℃
■F2成虫羽化
 先月末からの蛹化/羽化ラッシュで、ベネチア産F2も羽化してきた。が、10匹中無事に羽化してきたのは1♂3♀♀の4匹。残り6匹中5匹は全て蛹化の段階で落ちてしまった。更に残り1匹もどうやら幼虫の皮を脱げそうにないので、恐らく遠からず落ちてしまうことだろう。
 ベネチア産は12匹の幼虫を回収したので、死亡率はなんと70% という高率である。エサも飼育環境も特に他の産地の個体と違いはないのに、不思議ではあるが、必ず何がしかの理由はある筈である。早くその理由を特定し、今後の飼育に生かして行かなければなるまい。

 無事羽化した成虫はいずれも大型で、特に♂は29.5mm と30mm 迄あと一歩という大きさであった。♀も写真を見てもらえれば分かるが、かなりの大型で、この個体のみならず、3匹共27〜28mm程度であった。
 ベネチア産は全てマットで飼育したので、こうして見るとマット飼育も中々悪くはないという気もする。ベネチア産F2幼虫は昨年9月に回収しているので、夏場のように30度以上の高温に曝されることなく、大体20〜25度程度の室温環境にて育ってきたことになる。従って、菌糸かマットかということよりも、やはり温度管理の方が肝要ということであろうかと思う。

イタリア産INDEXへ