2006.09.15(金) 曇 最高室温:28.5℃ 最低室温:24.4℃
■F2産卵セット
 チェゼーナ産と合わせ、ヴェネチア産F2のセットも組んでみた。
 F2では♂は1匹しか成虫にすることが出来なかったので、是非この代では充分な数に増やし、安定して累代できるようにしたい所である。

 セットはこれ迄同様、柔らか目のコナラ材をマットでほぼ埋め込んだもので、材もマットも湿度は高目に調整してある。パラレリはオオクワとは言うものの、材やマットの好みはどちらかと言うとヒラタに近いものがあるようで、マットの条件によってはマットに直接産卵する事もある。従って材は柔らか目、マットは茶色く発酵した粒子の細か目のものをそれぞれ湿度を高目に調節すると良好な結果が得られる。勿論、本来は材産みなので、マットにはそれほどこだわらなくても良いのだが、マットにも産んでくれた方がより多くの幼虫を得られるし、外から孵化の時期も観察できる。いずれにせよ、産卵場所の選択肢が増えることは良いことなので、近頃はなるべくマットにも産んでもらえるようなセットを組むようにしている。

イタリア産INDEXへ