ラトビアではユーロオオクワのことを"Blava briezvabole" と呼びます。
"Briezvabole" は「クワガタ」を指す言葉で、"Blava"は「口やかましい、おしゃべりな女性」の意味であると、読者の方より御教示頂きました。
直訳すると「おしゃべりな(やかましい)クワガタ」となり、「ユーロミヤマと比べて小さなクワガタ」といった表現が大勢を占める本種の地方名において、独創的な表現となっております。

何故、このような命名がなされたのか不思議な限りですが、御教示下された方は、ユーロオオクワの、いつも群れていて、せわしない感じで動いている様が、おしゃべりな女性を連想させるのではないかと推察されておられます。
確かに飼育下でも、多くの個体を纏め飼いした場合、エサ皿や産卵木の下等で群れている場合が多く、一旦活動を始めると、ヒョコヒョコとせわしなく動き回る様を観察できます。言われて見れば、街角で群れておしゃべりに熱中している近所の口やかましいおばさん達に似ているかも知れません。

ラトビアにおいて、ユーロオオクワはレッドリスト入りしており、絶滅危惧種に指定されています。