ミャンマー・ティディム産♂43mm、♀35mm
和名 クルビデンスオオクワガタ
学名 Dorcus curvidens (Hope, 1840)
分布 インド、ネパール、ブータン、ミャンマー、ラオス、タイ、ベトナム、中国
体長 ♂=30.0 - 73.0mm
♀=30.0 - 50.0mm
成虫寿命 1年以上
幼虫期間 1〜3年程度
亜種 不明
シノニム 不明

以前、国産オオクワガタDorcus hopei binodulosus、ホペイオオクワガタDorcus hopei hopei、台湾オオクワガタDorcus grandis formosanus は本種の亜種とされてきましたが、最近の研究では、DNA解析等によって、国産オオクワはホペイの亜種、台湾オオクワはグランディスの亜種ということになったようです。

DNA解析による系統樹を見ると、ホペイとグランディスは同一種と言って良い程に遺伝距離が近い種ですが、ホペイ/グランディスとクルビデンスはかなり離れており、本種はアジアのオオクワの中では比較的古い時代に分化した種であり、ホペイ/グランディスの祖先形に近い存在であるようです。

外観はホペイ種に酷似しておりますが、♂の大腮がより発達する点、体表の光沢がより強い点、♀の上翅の点刻列がより深い点、フ節が若干短い点が特徴です。また、♂の小型個体では、大腮の下面にヨーロッパオオクワガタやムシモン同様の内歯状の突起が内歯基部直下に現れますが、これも国産オオクワの小型個体のそれよりも発達しているように感じられます。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.09.07 ミャンマー・ティディム産WD×2♂♂2♀♀購入
2005.11.30 ミャンマー・ティディム産F1幼虫×6回収

2006.01.15 ミャンマー・ティディム産WD×1♀(35mm)死亡確認
2006.08.30 F1×1♂羽化
ティディム産 WD 2♂
2♀
0♂
1♀
2♂
1♀
F1 1♂
0♂
1♂
001 クルビ・パラレリ化計画 2005.09.07
002 産卵セット 2005.09.11
003 密談? 2005.09.30
004 マット底に産卵 2005.10.31
005 35mm♀セット空振り 2005.11.14
006 交尾 2005.11.25
007 F1幼虫回収 2005.11.30
008 34mm♀再セット 2006.01.15
009 幼虫タコ飼い試行 2006.02.19
010 1♂羽化! 2006.08.30