2006.05.13(土) 曇時々雨 最高室温:25.1℃ 最低室温:23.3℃
■コルシカ島産ムシモン幼虫購入
 ネットでクワショップをブラブラ巡っていた所、コルシカ島産のムシモンを扱っている所を見つけた。現在出回っているムシモンの殆どが隣のイタリア領サルディニア島産で、フランス領コルシカ島産というのは非常に珍しい。そこで早速在庫を問い合わせ、購入することとした。

 残念ながら成虫は売り切れで、幼虫での購入となった為、成虫の外観形態をサルディニア島産と見比べることはできなかった。ムシモンは私が調べた限りでは、特に亜種には分けられていないようであり、その意味ではサルディニア産であってもコルシカ産であっても外観に顕著な違いはないようだが、例えば日本の離島産クワガタの多くは、島ごとに亜種分けされていたり、そこまで行かなくとも外観上にちょっとした違いがある場合が多い。勿論、一口に島と言っても、日本の離島と地中海の島とでは、その成因や成立時期も違うので、一概にどうこう言うことは出来ないが、果たして実際の所、ムシモンはどうなのか、興味のある所である。

 さて、何はともあれ、まずはこの3匹の幼虫をしっかりと成虫に育てることが先決である。この数では雌雄どちらかに片寄ってしまう可能性も大きく、そうなった場合は新たに手を打たねばならない。しかし、今回購入したのがF3であることと、ムシモンの繁殖力を考えると、今後はそれなりにコルシカ産も市場に出回るようになるのではないかと期待している。こうなると次はやはり北アフリカ産がどうしても欲しくなってくる。これが叶うとムシモンの主要3産地が揃うことになるのだが、標本はともかく、生体では昔どこかのネットショップで一度だけ見たことがあるだけであり、現状では非常に厳しいものがあると言わざるを得ない。