2006.09.01(金) 雨後曇 最高室温:29.7℃ 最低室温:26.6℃
■1♂1♀無事羽化!
 残り2匹になってしまったコルシカ産ムシモンが、6月の見立て通り、無事1♂1♀として羽化しているのを本日確認した。これで何とか累代の望みを繋ぐことができ、ホッと一安心である。

 さて、コルシカ産成虫であるが、見た所、サルディニア産やチュニジア産と特にコレと言った違いはないように思う。小さくて良く分からないというのもあるが、♂の大腮形状や前胸、上翅の形状、♀上翅の縦条の深さや間隔といった目立ち、且つ特徴の出易そうな箇所には違和感を感じるような点は見られない。

 コルシカやサルディニアといった地中海の島の成立時期/過程はまだ調べている途中なのだが、もし、この3つの産地のムシモンに特に変異がないとすれば、割と新しい時期に分布を広げた(或いは隔離された)のかも知れない。下手をすると、歴史時代に入ってから、ローマ人やフェニキア人といった地中海沿岸諸民族の活動によって人為的に分布を広げて行ったという可能性もあるのではないだろうか?
 これら3つの産地が遺伝的にどの位均質性を有しているものなのか、非常に気に成る所ではあるが、ここまでくると私のような素人には全く調べようがない。欧州の昆虫学者の研究に期待するばかりである。