2006.09.05(火) 晴 最高室温:30.0℃ 最低室温:26.7℃
■産卵セット投入
 先日掘り出した1♂1♀は、自力で蛹室から這い出してきた訳ではないので、まだ性的に成熟はしていないと思われるが、そのまま別の容器で保管すると「うっかり」忘れて産卵セットを組まないまま死んでしまう、という可能性も現在の飼育数では考えられなくもないので、少々気が早いように思うが、とりあえず産卵セットに投入してしまうことにした。何しろコルシカ産ムシモンは「後が無い」のだ。

 もっとも、これまでの飼育経験からすると、8月後半以降に羽化した個体はその年の内には産卵に及ばない傾向があるので、このコルシカ産ムシモンペアも微妙な所ではある。それでも産卵に及んだ例が無い訳でもないので、この点からも、とりあえず産卵セットに入れておいた方が無難であろう。

 さて、産卵セットは、フジコン・ドルクスフレークにて柔らか目のコナラ材をほぼ完全に埋め込むというこれ迄同様のセッティングである。勿論、マット、材共に水分多目であり、マットは底の方3cm程は固く突き固めてある。このように底の方を固めておくことは、ムシモンのようなマット産みの傾向にある種には効果てきめんであり、材産みメインのパラレリであっても、マットの質によってはこうして突き固めた部分に産卵することがある。
 コルシカ産は滅多に出回らない産地であるだけに、是非沢山の卵を産んで頂きたいものである。