2007.03.30(金) 晴後曇 最高室温:24.0℃ 最低室温:21.7℃
■F4幼虫回収!
 昨年9月にセットに投入してからというもの、速攻で休眠状態に入ったようで、エサも殆ど食べない状況が続いていた。勿論、産卵の気配もなく、マット底に幼虫が這う姿を見ることもなかった。
 動きが見られるようになったのは先月上旬頃からで、♂がちょくちょくエサを食べたり、ケージ内を徘徊したりする姿が見られるようになった。♀の姿は相変わらず見えないが、♂が動き出したということは、ほぼ同時期に羽化した♀も休眠を終えている筈だ。表に出てこないのは産卵に及んでいるからではなかろうか?

 そんなことを考えつつ、約2ヶ月が経過したのだが、相変わらずマットには卵も幼虫も見えてこない。思えばマットも産卵木もセットしてから半年が経っている訳で、その間、軽く霧吹きをする以外は水分補給はしていないことを考えると、マットや材の湿度や状態が既にムシモンの好みの状態ではなくなってしまっているのかも知れない。このまま放置して様子を見るよりは、新たにセットを組んでやった方が産んでくれる確率が高いと判断し、成虫を回収することにした。

 ところが、産卵木を取り出してみると、マット埋没部分にかなりの数の産卵痕が見受けられた。そしてふと木口に目をやってみると、孵化後間も無い初齢幼虫が丸まっていた。どうやら今回は材中心に産卵したようである。
 試しに材を割ってみると、同じようなサイズの初齢幼虫が次々と姿を現し、材の一番表の層を剥ぎ取った時点で10匹の幼虫を得ることができた。この幼虫達のサイズと、卵も幾つか出てきたことから考えるとやはり先月上旬位から産卵を開始したようである。
 2層目の表面には材の中の方に続く食痕が幾つか見られることから、まだまだ幼虫が潜んでいると思われたが、前述の通り卵も幾つか出てきたので、今日の所はこれ以上深追いするのはやめて、もう暫く寝かせておくこととした。