2004.12.17(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■成虫♀だけ購入
左:Dorcus musimon
右:Dorcus parallelipipedus var. reichei

点刻列の間隔や、上翅側縁の形状に違いが見られるが、お互いに、Dorcus parallelipipedus parallelipipedus よりも近い印象を受ける。

 9月の末に知人よりサルディニア島産F2幼虫6匹を入手して以来、何故かユーロオオクワの方に走ってしまったので、幼虫飼育スペースの片隅に放置されているムシモンオオクワガタなのであるが、本日、ふと立ち寄ったショップにて、同じサルディニア島産の成虫♀を見かけてしまった。
 本日の目的は、先日入手した35mm 国産オオクワとペアを組むのに手頃なサイズのオオクワ♀(出来れば同じ滋賀県産)と、離島物のヒラタの入手であり、ムシモンとかユーロオオクワとかは余り考えてはいなかったのであるが、見かけてしまうとどうしようもない。
 残念ながら成虫は♀だけで、♂は羽化待ちとのことであり、それでまだ値札もついていない状態だったのであるが、お店の方に無理を言って1♀売って頂くことができた。実は現在飼育中の幼虫の大部分がどうも♂っぽく(小さい幼虫なので、なかなか判断し難いが)、この先のことを考えると少々不安を感じざるを得ない状況だったのである。なので、ここで成虫1♀といえども確保しておけば、例え全ての幼虫が♂であったとしても累代が可能になり、ちょっと安心できる。

 しかし、お店の方の話しを伺うと、どうもムシモンの幼虫はユーロオオクワ程強くはないらしく、原因は不明ながら、回収した数の約半数はどうしても落ちてしまうという事である。これは菌糸飼育でもマット飼育でも変わらないらしく、恐らく菌糸やマットの質がムシモンにはイマイチ合っていないのではないかと話して下さった。
 見た目は余りユーロオオクワと変わらないムシモンであるが、飼育技術の方はユーロオオクワとは異なり、まだまだ未解明の部分が多いクワガタであるらしい。今までムシモンの飼育は「コクワやオオクワと同じでいいんじゃないか」と軽く考えていたのであるが、これは考えを改めないとマズいことになるかも知れない。現時点では6匹とも順調に育っているように見えるが、半数は落ちる可能性があるということは、3匹マトモに育てばまずまずの結果だということだ。ただでさえ、6匹中4〜5匹は♂っぽいというのに、それでは益々♂ばかりが羽化してくる可能性が高まってしまう。本当に今日は成虫1♀を買えて良かった。大事に越冬させ、ムシモンの累代に繋げていきたいと思う。

 さて、こうして初めて成虫のムシモン♀を実際に見ることが出来た訳であるが、ユーロオオクワ原名亜種の♀と比べ、全般に光沢が強く、上翅に点刻列が現れるのが相違点である。また、体格もムシモンの方が細身であり、識別は容易である。
 しかし、困った事に、これらの特徴はユーロオオクワのシリア変種Dorcus parallelipipedus var.reichei ♀の特徴と同じなのである。ムシモンの方がより点刻列の間隔が広く、上翅側縁のラインが下膨れになっているようであるが、かなり良く似た印象である。
 こうなると、シリア変種は果たしてユーロオオクワなのか? ひょっとするとムシモンの亜種なのではないか? 逆にムシモンはユーロオオクワの亜種乃至は変種なのではないか? 等と邪推したくなってしまう。それ位、ムシモンはユーロオオクワ・シリア変種とは良く似ているのである。