2004.12.25(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ケージセットアップ
ムシモンのセット。
容器はイタリア産と同じ、約17.5cm 角のアクリル水槽。
マット産みということなので、完熟マットにし、材も太めのものを用いて、マットとの接地面積が大きくなるようにしてみた。いつもヒラタ用に組んでいるものとほぼ同じ内容である。

 先週、成虫1♀を購入し、現在飼育中の幼虫全てが♂だったとしても(まあ、いかに♂っぽく見えるとは言え、6匹もいるので、さすがに1匹位は♀だと思いたいが)確実に累代できるよう、望みを繋げて喜んでいたのであるが、先日、更に1ペアをネットオークションで落札することが出来た。ギリシャ産、チェコ産、オーストリア産ユーロオオクワ幼虫と同じ方の出品であり、結局全て私が落札してしまったのであるが、昨日、それらと共にムシモンも我が家にやってきたのである。

 ♂の成虫を間近で見るのは、これがはじめてなのであるが、Dorcus parallelipipedus parallelipipedus と比べると細身な印象で、ぱっと見は♀同様、シリア産ユーロオオクワDorcus parallelipipedus var. reichei を彷佛させる。しかし、ムシモンの方がより体色が濃く、表面の光沢も強い点と、内歯はユーロオオクワよりも基部よりに出る点とで識別できそうだ。ユーロオオクワよりも国産オオクワ原歯型個体に近い雰囲気を持っていると思う。

 先週購入した♀も、このペアも、まだ羽化からさほど日が経っておらず、成熟するまでもう暫く待たねばならないのであるが、一応、1♂2♀♀のトリオとなったので、産卵セットを組み、そちらに投入して熟すのを待つことにする。その方が、彼等も早々に環境に慣れるのことが出来、良いのではなかろうか?

 ムシモンは材よりも、むしろマット産みだと聞いているので、ユーロオオクワとは少々趣きを変え、やはりマットに産むことが多いヒラタ系のセットを念頭に置いて組んでみることとした。
 まず、マットであるが、今回はいつもの一次発酵マットではなく、より発酵の進んだ、ダークブラウンのものにしてみた。これをまず、4cm程固く詰め込み、その上に産卵木を置く。
 産卵木はクヌギの太めで且つ柔らか目の材とした。ヒラタの場合、経験上、産卵木と固く詰めたマットとが接する部分を中心に産む傾向があるように思う。もしムシモンも同じような産み方をするのであれば、材とマットの接地面積が大きい方が良いという事になる。それで今回は太めの材を選んでみたという次第だ。
 材が半分程度埋まるように、マットを軽く押し込めつつ追加し、表面に転倒時の足掛かり用の樹皮片を散布し、エサゼリーを配置して完了である。

 組み上がったセットに、3匹のムシモン達を解き放つと、皆、速攻でマットの中へと潜って行った。その後、表に出てくる気配は見られない。しっかり成熟するまで、しばしの別れである。

ムシモンINDEXへ