2005.01.10(月) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■マットからキノコ
 クワガタ飼育にキノコはつきものである。
 産卵/飼育材には、シイタケやカワラタケ、霊芝等の菌がまわった朽木を用いるし、ケージに敷くマットも各種菌類によって分解/発酵されたものが多く、幼虫飼育に用いる菌糸瓶はモロにキノコの菌床である。このように、幼虫から成虫に至るまで、飼育のありとあらゆるステージにおいて、キノコ菌の助けを借りることになるし、こうした菌類といかに上手に付き合っていけるかが、クワガタ飼育のコツの一つと言えるであろう。

 今朝、ムシモンのケージを覗いてみた所、いつの間にかマットから一本のひょろ長いキノコが生えていた。以前、コクワケージに入れていた産卵木からシイタケが生えてきたことがあったが、マットに生えたのはこれがはじめてである。
 クワガタ飼育にキノコはつきものであり、菌糸瓶なんかは、元々キノコ栽培用の菌床であるので、ちょっと油断すると次々とキノコが生えてきてしまうのだが、マットや材からキノコが生えてくることは比較的珍しいことであろうと思う。ただ、上述の通り、材やマットにはキノコ菌が元々まわっているので、生えてくる素地は充分に持っている。恐らくは、環境が整い、菌が子実体(キノコ)を発生させる前に、人やクワガタがマットを掻き混ぜてしまったり、材を取り出して割ってしまったりしてしまうので、余りお目にかかれないということなのだろうと思う。

 それにしてもこのキノコは何茸であろうか? 食用キノコや毒キノコとして有名なものではなさそうだが、ちょっとしたキノコ図鑑等では良く見かけるキノコであるように思う。今、手元に図鑑はないが、折角生えてきたキノコなので、後日調べてみようと思う。

ムシモンINDEXへ