2005.02.05(土) 
■ムシモン始動?
 今朝、ムシモンケージを覗いてみた所、マット内にトンネルが穿たれているのを確認することができた。その内の一本は、ケースの角に沿って垂直に地上まで伸びている。
 まだ地上を徘徊している姿を見てはいないのだが、エサゼリーも減っているので、ぼちぼちムシモン達も成熟し、活動をはじめたようだ。恐らく深夜になってから活動しているのであろう。今度、夜中にこっそりと覗いてみようと思う。

 3匹共、大凡羽化から3ヶ月程度経過したことになる。国産のオオクワやコクワでもそうだが、どうやらムシモンも3ヶ月というのが成熟するのに必要な期間の一つの目安となるようだ。また、先日、ダニが激しく涌いていたので、マットをそっくり交換したのだが、こうした環境の変化も引き金の一つとなった可能性もあるだろう。

 因みに、新しいマットは家にストックがあるものの中から、フジコンのマルチブリードフレークを選んでみた。「マット産みを好むドルクス系の交尾誘発産卵促進」が謳われているが、これは本当だろうか? 何となく、マットの銘柄は変えず、これまでと同じ高発酵マットを使った方が良かったような気もするが、是非、交尾誘発産卵促進して頂きたいものである。

ムシモンINDEXへ