2005.04.03(火) 
■1♀溺死
 大きい方の♀(昨年11月に単独で購入した個体)が、ゼリーカップの中で死亡していた。状況からして、採餌のためゼリーカップの中に潜りこんだ所、出られなくなって溺死した可能性が濃厚である。
 小型種では時折こういう事故があるそうが、私の所では、これまでこうした事故が起ったことがなかった。コクワはここの所、数十匹レベルで飼育しているが、ゼリーで溺死した個体は一匹もいない。それで私はこれまで、ゼリーは2つに割らずにそのまま与えていたのであるが、こうして死亡する個体が現れた以上、再検討の要有りかも知れない。

 ただ、この♀、材の方はかなり齧ってくれたようで、写真右のように材の横腹から坑道を穿ったりしていた。見えない所に穿たれたものも含め、それなりに産卵してくれたとなれば、これは一つ、慰めとなる要素である。

ムシモンINDEXへ