2005.04.18(月) 
■幼虫回収
 エサを交換しようと思い、ムシモンケージを取り上げてみた所、ケージの底に幼虫が一匹這っているのが目に入った。思えばムシモン達が活動を始め、交尾を確認したのが2月19日であるから、ぼちぼち割り出しの頃合ではある。この幼虫も孵化したてには見えないので、恐らく大方の卵は孵化しているだろう。

 まずはマットの中からチェック。ムシモンは条件によってはマットに産卵する場合があるそうなので、念入りにマットを振るって確認するが、見つかったのはこの一匹だけであった。もしマットに産卵しているのであれば、一匹だけとは考えにくいので、恐らく産卵自体は材に行い、孵化した幼虫が材から出てきてしまったということであろう。

 続いて本命の材の方を割って行く。芯の無い上質のクヌギ材を用いたので、手で簡単に崩せる程に柔らかくなっている。また、♀が内部に坑道を穿っているせいで、強度的に脆くもなっている。ちょっと力を入れただけで、坑道の部分から材を二つに割ることができた。
 この時点で、既に2匹の幼虫が見えている。断面には成虫が穿った坑道の他に、幼虫の食痕が縦横に走っている。見えている幼虫も初齢後期〜2齢初期に達しているようだ。これは結構産んでくれているのかも知れない。
 発酵マットを詰めた90ccのプリンカップに移しつつ、材を崩して行った所、計9匹を回収することが出来た。太目の材を用いたため、一通り崩すだけで結構疲れてしまったので、ひょっとすると大き目の破片の中に見落している幼虫がいるかも知れないが、1セットで10匹回収できれば、まずまずの結果であろう。
 念の為、割りカスは暫く保管しておき、ある程度幼虫が育ったと思われる頃合を見計らって最終チェックをしてみようと思う。

 回収した幼虫の多くは初齢後期〜2齢初期といった感じだったが、2匹だけ、まだ初齢初期と思しき者もいた。確証は無いが、2匹いる♀の活動開始時期を考えると、恐らく大きい方の幼虫は先に活動を開始し、先日死亡したF2の♀が産んだ子供で、小さい方が遅れて活動を開始したF3の♀が産んだ子供なのではないかと思う。

ムシモンINDEXへ