2005.07.02(土) 
■幼虫エサ交換
 ムシモン幼虫のエサマットが大分スカスカになってきたので、本日、幼虫の育ち具合のチェックを兼ねて、エサを新しいものに交換することにした。

 エサは新しいマットに、古いマットを2割程混入したものである。これは古いマットに含まれている、幼虫にとって有用なバクテリアの類を新しい環境に引き継がせることで、幼虫に与える環境の変化に起因するストレスを多少なりとも緩和させることを目的としている。
 確かにクワガタの幼虫は外に取出したりすると、糞や体液(茶色い汁)を排出することが多いが、これには単に驚いて脱糞しているだけではなく、体内に保有しているバクテリアを新しい環境に散布し、環境を好ましいものにしようという目的もあるらしい。従って、エサ交換の際にほぼ確実に行うこの行為を抑制することができれば、幼虫の体力や、体内に蓄積された養分を無駄に消耗させずに済み、より順調な発育が望めるのである。その為には、古いマットを新しいマットに適量混ぜてやるのが効果的であるとされる。

 さて、幼虫の方は、10匹とも無事に3齢に達していた。ムシモンの幼虫は比較的デリケートで、途中で死亡するケースも多いと言われているし、以前知人から譲り受けた幼虫も6匹中4匹が3齢の段階で死亡してしまったので、条件によってはそういうことも有り得るように思う。従って、これからが勝負なのであるが、前回死亡した原因も良く分かっていないので、何か特別な手を講じることも出来ず、とりあえずは様子を見守るしかないのが歯痒い所である。

ムシモンINDEXへ