2005.07.12(火) 
■早くも前蛹に
 4月中旬に幼虫を回収してからまだ3ヶ月と経過していないというのに、10匹中2匹の幼虫が前蛹状態になってしまった。一週間程前から蛹室めいた空間を穿ちはじめていたので、まさか?と思っていたのだが、体も白く透き通った感じになっているし、部屋の壁面も体液(便?)で固めているので、これは間違い無く蛹化への準備である。

 さすがに早いだけあって、サイズはかなり小振りであるが、無事蛹化〜羽化してくれることを祈ろう。このまま進めば来月上旬位には羽化するのではないだろうか? ドルクス系で成長の早い個体は♀の場合が多いように思うが、この2匹も♀であろうか? 因みに10日前にエサ交換した時の判断ではどちらも♀っぽいように思えた。
 また、エサ交換等の環境の変化も蛹化の引き金となることがあるらしい。ムシモン幼虫は10日程前にエサ交換を行っているので、これが引き金になったのかとも思えたが、同時期に回収したトルコ産ユーロオオクワ幼虫の中にも、エサ交換を行っていないにも関わらず、前蛹状態になった個体が見受けられるので、単に成長の早い個体がいたということであろうかと思う。

ムシモンINDEXへ