2005.07.16(土) 
■1♂蛹化。更に1♀蛹化。そして続々前蛹に。
 昨日の心配は杞憂に終った。なんともう一匹は♂だったのである。大腮の未発達ぶりからサイズの小ささは自ずと明らかであるが、小さくたって♂は♂である。これでF4同士でペアを組ませることができる。

 更に他の幼虫達を改めてみた所、♀がもう一匹蛹になっていた。まだ色が白っぽく透き通っているので今日蛹化したのであろう。そして、もう2匹の幼虫が前蛹となっていた。これで10匹中5匹が前蛹及び蛹となったことになる。写真右の前列左側のプリンカップが前蛹のもので、右側の列が蛹になった個体のものである。
 割出し時に既に2齢初期になっていた個体が孵化した時期を3月下旬〜4月初頭位と見積っても、この5匹は3〜4ヶ月で蛹化にまで漕ぎ着けたことになり、予想以上のハイペースな成長で少々驚かされた次第である。

ムシモンINDEXへ