2005.07.20(水) 
■飼育ケージから幼虫1匹回収
 4月割出しの幼虫が続々と蛹化中であるが、本日、成虫飼育ケージの様子を見ていた所、壁面底部のマット中に幼虫の姿を発見した。まだ孵化後間も無い感じの初齢幼虫である。この産卵木もぼちぼち割出しの頃合であろう。

 ケージから成虫と産卵木、エサ皿等を取り出し、マットを新聞紙の上に広げて幼虫の回収を試みる。見えていた幼虫はスグに回収できたが、マットから追加の個体を得ることは出来なかった。

 ムシモンはマットに産卵する場合もあると聞くが、これは前回同様材の方に産んだのかと思い、材を改めてみるが、全く齧られた跡が無いことに気付いた。当然、材の表面に食痕も見受けられない。試しに材のマット埋没部分を割ってみたが、案の定、食痕も無ければ産卵した気配も感じられなかった。
 どうやら、この幼虫はマットに直接産卵された卵が孵化したものらしい。産んだのが一卵のみとも考えられないが、他に幼虫の姿は見受けられなかったので、ひょっとするとまだ卵の状態のものが幾つか潜んでいるのかも知れない。今日のマット検分で潰してしまっていないことを祈ろう。

ムシモンINDEXへ