2005.09.12(月) 
■F4ペア、セット2
 羽化したF4新成虫達が続々と後食を始めたので、産卵セットをもう一つ組んでみた。

 今回もQ-BOX10を用いての産卵セットである。ただ、いつも埋め込みに使っていたフジコンのマルチブリードフレークのストックが底をついてしまったので、近所のペットショップで購入した、同じフジコンの「ドルクスフレーク」なるマットを使ってみた。
 このマットはマルチブリードフレークよりも粒子が細かく、発酵も進んだ茶色いマットで、適用としてオオクワ&ヒラタの産卵木埋め込み、産卵床、幼虫のエサと書かれている。これはこれで結構マルチに使えそうな感じだし、ヒラタ系のマット産みドルクスの産卵床にも適しているとなると、マット産みの傾向があるムシモンには好都合である。<

 ただ、ムシモンの場合、一般に埋め込み用に適しているとされる微粒子発酵マットを用いなくても、普通に材にも産むので、マットは広葉樹系のものでさえあれば、特にこだわる必要は無い気がする。
 それよりはむしろ、湿度の方が肝要なようで、材にしろマットにしろ乾燥気味な場合は全く産卵しない。逆にある程度の湿度が保たれている環境であれば、材の樹種やマットの種類には余り関係無く産むように思える。

ムシモンINDEXへ