2005.09.14(水) 
■F4ペア、セット3
 残り一匹となった♀も後食を始めたので、これに合わせ、3つ目のセットを組んだ。空いているコンテナボックスが尽きてしまったので、今回はこれまでF3個体を飼育していた飼育ケージ(17cm角アクリル水槽)を流用することとする。

 エサ皿と共に、その裏側にへばりついていたF3♀を取り出し、マットを全てかき出す。ケージ内が空になった所で、先日、ストックが底をついたマルチブリードフレークの代りに急遽近所のペットショップにて購入した「ドルクスフレーク」なる微粒子発酵マットの残りを加水し、投入。堅く突き固めると丁度3cm位の厚さとなったので丁度良かった。

 材は太目のコナラ材を用いた。堅さは堅くもなく、柔らかくもなく、普通といった所である。これを今回はほぼ完全にマットで埋め込んでみた。ユーロオオクワやムシモンは比較的湿度の高い材を好む傾向があるようなので、材の保湿を考慮しての処置である。また、こうしておけば、産卵を開始する頃には材も柔らかくなっているだろう。マットで完全に埋め込む場合、最初から柔らか目の材をセットしてしまうと、時間の経過と共にふやけてしまい、♀は産卵せずに、ひたすら齧りまくって材をボロボロにしてしまう恐れがある。柔らか過ぎる材も彼女達は好まないようである。

ムシモンINDEXへ