2005.11.14(月) 曇 最高室温:22.9℃ 最低室温:20.7℃
■産卵セットチェック
 8月末〜9月上旬にセットしたトルコ産、シリア産、ムシモンの産卵セットが2ヶ月経過したので、改めてみることにした。

 いずれのセットも、外から見える範囲では幼虫の姿は見えない。大抵はセット後50日程度で、材から抜け出したり、マットに産卵された卵から孵化した幼虫が姿を見せるようになるのだが、食痕すら見えないので、少なくともマットの中に幼虫はいないようである。
 材をチェックしてみると、まずはトルコ産のセットで、菌種穴から木屑が吹き出しているのが確認できた。この穴から坑道を穿っていると思われるが、まだ木屑は新しく、どうも最近になって掘りはじめたようである。材を取り出して、埋没部分もチェックしてみたが、木口の部分に若干の齧り跡が見られる程度であった。
 シリア産やムシモンも同様で、齧ってはいるが、どうもここ1ヶ月位で齧り始めたような雰囲気である。いずれも今年7〜8月羽化の新成虫を使ってセットしているので、性的に成熟する迄の期間を考慮すると、幼虫回収迄にはもう1ヶ月程度かかるのかも知れない。
 しかし、一方ではチェコ産等、羽化後1ヶ月弱程度で産卵に及んだと思われるケースもある。これは単なる個体差なのか、或いは季節的な要因でそうなるのか、気になる所である。

 自然下では、7〜8月に羽化した個体は、その年の内に産卵に及ぶものであろうか?
 コクワあたりだと、8月末位に出てきた新成虫であっても、割と普通に秋口あたりに産卵に及ぶが、ユーロオオクワの生息地は日本よりも概して寒冷な気候であることを考慮すると、本来は羽化後、翌春まで蛹室に留まり、それから産卵に及ぶのかも知れない。つまり、本来は寝ている筈の個体を無理矢理起こした形になっているので、春〜初夏に羽化した個体のように、チャッチャカ産卵するという風にはいかないのではないか? という気もしないではない。
 とは言え、彼等の親の代のことを考えると、特にトルコ産の場合は、一匹とは言え1月に幼虫を回収できている訳で、全く産まないということでもないと思われる。季節柄、最高室温も20度台前半となってきたので、産卵を促進してやるには、ぼちぼち加温をしてやった方が良いかも知れない。

ムシモンINDEXへ