2005.11.25(金) 晴時々曇 最高室温:22.5℃ 最低室温:20.5℃
■7〜8月回収幼虫羽化確認
 7/20 回収の幼虫が成虫♀として羽化し、菌糸カップ表面を闊歩していた。
 気になったので、8/11 回収の個体の方も確認してみると、こちらも♂の成虫になっていた。

 ♀の方は回収から約4ヶ月、♂は約3ヶ月で羽化迄こぎつけたことになる。♀の方は、今日の時点で活動を開始していた訳であるから、これも羽化迄は実質3ヶ月程度であろう。
 成長が早かった割には、♂♀共、サイズ的にはそこそこで、♂は25mm であった。これまで得られたのは20mm 前後の小型個体ばかりであったので、ようやっとムシモンらしいムシモンを見ることが出来、嬉しさもひとしおである。

 しかし、4月回収の幼虫達も10匹中9匹は、やはり3〜4ヶ月程度で羽化した(まだ一匹だけ幼虫として頑張っているのがいる)が、このサイズの差はどうしたことだろうか? ♂で見てみると、同程度の成長期間で5mm の差が出ている。
 本日得られた2匹は菌糸カップ飼育であったので、エサの質の違いというのも一つの要因かも知れないが、終齢〜蛹の時期の気温の違いも影響しているのかも知れない。4月回収の幼虫は一番暑い時期にその時期を迎えたのに対し、この2匹の場合は、最高室温が25度を下回って涼しくなってからである。
 個体差、エサの差もあるし、この一例だけで判断する訳にもいかないが、もうちょっとデータを集めて、大きく育てる為の温度管理方法を見い出したい所である。

ムシモンINDEXへ