2006.01.11(水) 晴 最高室温:22.3℃ 最低室温:18.4℃
■マット底に産卵確認!
 現在、温室(25℃設定)にて管理中の8/29 セットの産卵セットの底部にて、1卵を確認することが出来た。昨年末に温室へ入れる際にチェックした時点では見られなかったので、温室投入後に産卵されたものと思われる。

 一方、常温にて管理している9/12 セットの方には、少なくともマット中には産卵していないようなので、やはり秋季以降に産卵させる場合は、25℃程度に温度管理をしてやる必要があるのかも知れない。

 そう言えば、マットに直接産みつけられた卵を見るのは、これが始めてだと思う。埋め込みマットをこれ迄のフジコン・マルチブリードフレークから、同社のドルクスフレークに切り替えたのだが、恐らくはこれが効いているのだろう。何しろこのマット、余りマットには産まないとされるクルビデンスにマット産みをさせたのだ。元々マット産みの傾向があるムシモンが、これ迄は材産み専門でやってきたという事は、少なくとも本種にはマルチブリードフレクよりもドルクスフレークの方が適していると言えそうである。
 もっとも、産んでさえくれれば、マットでも材でも構わないのだが、産卵場所が増える事は、産卵数の増加にも繋がると思われるので、当面は引き続き、ドルクスフレークを使って行きたいと思う。

ムシモンINDEXへ