2006.01.26(木) 晴 最高室温:22.3℃ 最低室温:17.9℃
■まだ幼虫のまま
 昨年4/18 に回収し、マット飼育にした幼虫10匹の内一匹が、未だに幼虫をやっている。
 7月、8月に回収した連中でさえ、既に成虫になっているというのに、気の長いことだ。
 全く同じ条件で飼育しているにも関わらず、これだけの差が出るとは、一体どうしたことであろうか?

 さすがに長々と幼虫をやっているだけあって、早期に羽化した連中と比べると、太り具合や体表のテカり具合が見事である。頭が体にメリ込むような感じになっているし、色艶は、まるで菌糸で育てた個体のようである。
 見た感じからして、そろそろ蛹化しそうな雰囲気である。体長はそれ程大きい訳ではないが、これだけ丸々と太っていれば、そこそこのサイズの成虫にはなってくれそうだ。果たして、長々と幼虫をやっていたことが、吉と出るか、凶と出るか、結果が楽しみである。

ムシモンINDEXへ