2006.01.29(日) 晴 最高室温:21.9℃ 最低室温:19.0℃
■孵化確認
 今月11日に見つけたマット底の卵が孵化し、幼虫になっているのを本日確認した。
 毎日見ていた訳ではないので、正確な産卵日及び孵化日は不明であるが、大凡、産卵〜孵化迄、25℃で管理して20日程度のようである。

 外からハッキリ見えるのは、この一匹のみであるが、他にも卵座と思しき窪みや、食痕風な溝も散見されるので、もう何匹かはいそうな気配である。
 割出すには、まだちょっと早いので、もう1〜2週間程待ち、もう少し幼虫が大きくなってから割出してみようと思う。

 さて、このセットは、昨年7〜8月羽化の個体を使って、8/28に組んだものである。以後、12月迄は室温にて管理し、12/8からは温室にて常時25℃程度での管理に移行している。
 セットを組んでから産卵を確認する迄に大分かかっているが、恐らく最初の2ヶ月程度は成熟待ちの期間であったのではないかと思う。それでも産卵迄には2ヶ月程度かかっており、産卵を確認したのは、上述の通り、温室投入後の本年1/11である。
 この事から、冬季にムシモンを産卵させるには、18〜22℃という室温ではダメで、25℃程度かけてやらなければならないと言えそうである。逆に言えば、温度管理さえすれば、真冬であっても産むということがハッキリした訳である。他のブリーダー氏の所では、この時期でも30匹近い幼虫が得られているそうなので、産卵数に関しても、適切な温度管理をしている限り、特に季節による変動はないと考えられそうである。

ムシモンINDEXへ