2006.02.06(月) 曇 最高室温:23.6℃ 最低室温:18.2℃
■F5幼虫回収
 先月29日に見かけた幼虫以外に、もう一匹がマットの中に姿を現したので、思いきって本日割出してみることにした。
 まず、セットから材を取り出してみると、マット埋没部を中心に幾つかの齧り跡が散見され、中々に期待できそうな状態である。昨年8月末にセットして、約半年が経過しているので、材は手で崩せる程に柔らかくなっており、湿度も強く押すと水分が滲む、ベストな状態に保たれているようであった。やはりほぼマットに埋没させるようにセットしたのが功を奏しているようだ。
 とりあえず、材の割出しは後回しにして、マット底に見えていた幼虫の回収を急ぐことにする。

 セットからマットを新聞紙の上にあけ、薄く伸ばしていくと、幼虫2匹の他に、角の部分に詰まっていたマットの固まりの中に、2つの卵が産みつけられているのを見つけることができた。ざっと見た限り、幼虫も卵も他には見当たらないようであったが、見落としている可能性も大であるので、マットは再び容器に戻し、暫く様子を見ることとした。

 さて、いよいよ材の割出しである。まずはドライバーを使って材を2分する。
 すると早速何本かの食痕と共に、2匹の初齢幼虫が姿を現した。以後は手で少しづつ材を崩して行くが、初齢初期の幼虫と共に、卵や孵化したばかりのまだ丸まった状態の真っ白な幼虫もちらほらと見つかった。割出すにはちょっと早かったかも知れない。初齢幼虫を6匹回収した所で割出しは止め、卵や孵化したばかりの幼虫と共に、割りカスはもう暫く保存し、粗方孵化した頃に改めて割出すこととした。

 回収した8匹の初齢幼虫は、以前作成しておいたフジコン・ヒラタケ菌床使用の120cc 菌糸カップに投入した。これを食べ尽くした所で、500cc菌糸瓶へ移し、30mmオーバーの大型個体の育成を狙ってみたいと考えている。

ムシモンINDEXへ