2006.04.29(土) 晴後曇 最高室温:22.7℃ 最低室温:21.2℃
■F5幼虫回収2
 昨年9/12のF4セット2と9/14のF4セット3を暴いてみた。大分前からセット3の底に幼虫が見えていたのだが、何だかんだで今日迄引っ張ってしまった。

 まずは幼虫が見えてい「た」、セット3から。
 材を取り出し、マットを新聞紙の上にぶちまけてみたが、見えていた筈の幼虫の姿が全く見当たらない。どうやら放置していた間に落ちたか、成虫に食べられてしまったようだ。やはり成虫は適宜抜くか、幼虫の姿が見えたら速攻で取り出さないといけないと痛感した次第である。
 気を取り直して材割り。
 材は写真左のように、そこそこ齧られてはいるが、中々幼虫の姿が見えてこない。ようやっと見つけた食痕を追っていった所、既に3齢になっている幼虫が姿を現した。結局この材からはこの1匹のみ。完全に機を逸していたようだ。

 続いてセット2。こちらもマットからは幼虫は得られず。
 材からは2齢幼虫2匹を回収できた。もうちょっと早く割出していれば、より多くの幼虫を回収できたかも知れない。
 回収できた幼虫は、とりあえず発酵マットを詰めた90ccカップに投入。菌糸瓶が届き次第、500ccボトルに投入する予定である。

 これでF5幼虫は計12匹となり、累代するには必要十分な数は確保できたと思うが、F4成虫達は皆健在なので、保険の意味を含め、もう一度セットを組もうと考えている。

ムシモンINDEXへ