2006.05.25(木) 晴 最高室温:25.6℃ 最低室温:24.3℃
■F5幼虫気付かぬ内に蛹化
 2/6回収のF5幼虫達の入った120cc菌糸カップの多くが、表面に食痕が目立つようになってきたので、ぼちぼち連中を500ccボトルへ投入してやろうかと思い、カップを暴いてみると......なんと、8匹中5匹が蛹(写真左)、2匹が前蛹(写真右)となってしまっていた。1匹は死亡してしまったようで、影も形もなかった。

 同時期回収のパラレリ等、他の種類の幼虫はまだ普通に幼虫をやっているし、今年はそれ程気温が高い訳でもないというのに、この速攻ぶりである。今年はパラレリで確立しつつある大型個体育成法をムシモンにも応用し、30mmオーバーの大型個体を狙うつもりでいただけにショックである。

 パラレリも羽化迄の期間は短い方だと思うが、どうやらムシモンはこれに輪をかけて速い種類のようである。自然環境下でもひょっとするとパラレリよりも先に出てくる事で、共存を図っているのではなかろうか?
 とりあえず残りの幼虫は早期蛹化しないよう、早目に大型容器に移し替えてしまおうと思う。