2007.06.16(土) 晴 最高室温:26.1℃ 最低室温:22.0℃
■F5♂32mm羽化!
 2004年にムシモンの飼育を開始して以来、♂30mmオーバーを育て上げることは目標の一つであった。しかし、パラレリでは既に35mmオーバーを複数出せる程度にはコツが掴めてきたのだが、どういう訳かムシモンの方はサッパリ成果が上がらず、3年目にしてようやく目にすることが出来た。

 この個体は昨年9/15に保管していた割りカスから回収し、G-POT550ccボトルにて飼育してきたもので、体長は32mm。初の30mmオーバーにしては中々のサイズである。
 ただ、ムシモンもパラレリ同様に35mmを超えることが知られており、まだまだ飼育方法には改善の余地があろう。

 まず思い当たるのが容器である。パラレリの35mmオーバーはいずれも500ccのガラス瓶にフジコンのオオヒラタケ菌床を詰めたものを使用していたのだが、こちらはG-POTのプラボトルである。一般的にガラス瓶と比べてプラボトルの方が熱が籠り易く、その分、羽化迄に必要な温度が早めに積算されてしまうので、大型個体を得るには不利であるとされている。確かにガラス瓶で育てたパラレリの35mmオーバーの個体は1年以上かけて羽化に至っているのに対し、ムシモン32mmは幼虫を回収してから約9ヶ月、孵化から考えても約10ヶ月程度とやや短か目である。
 容器はどちらも同じ場所に置いていたので、この点からも容器の素材による差が出た可能性もあるように思う。

 とりあえず次回はこの辺を考慮し、パラレリ35mmオーバーと同じ条件で、更なる大型個体育成に励みたいと思う。