2006.10.17(火) 曇 最高室温:26.3℃ 最低室温:24.9℃
■産卵セット投入
 羽化後2ヶ月が経過し、後食も始まっているので、産卵セットに投入してみた。
 パラレリの場合、7月下旬以降に羽化した個体だと例え後食が始まっていても、その年の内は産卵に及ばない傾向があるように感じているし、昨年のサルディニア産ムシモンでも同様の傾向があるように感じるので、余り期待は出来ないが、いつまでもスタックミニに4匹押し込めておく訳にもいかず、とりあえずセットを組んでみた次第である。これで年を越し、来春に産卵してくれればと考えている。

 さて、セットは、軟らか目の材(今回はコナラ)をフジコン・ドルクスフレークでほぼ完全に埋め込むといういつものセッティングであるが、貴重なチュニジア産という事で、ちょっと期待を込めて、マットにムシモン幼虫の食べカスを混ぜ込んでみた。湿度は材/マット共に高目である。

 とりあえずペアリングの確実を期すために1♂3♀♀を纏めて投入して、様子を見ることにしたが、産卵が始まったら2♀♀は取り出して個別にセットを組んでやろうと思う。