和名 アンタエウスオオクワガタ
学名 Dorcus antaeus Hope, 1842
分布 中国、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、マレーシア、インド、ネパール、ブータン
体長 ♂=33.8 - 90.0mm
♀=33.0 - 48.0mm
成虫寿命 1〜3年
幼虫期間 2〜3年
亜種 なし

ネパールではクワガタ等の甲虫類を"guhe kiro" と呼んでいるようです。"guhe" は「糞、汚物」、"kiro" は「虫」を意味するようで、直訳すると「糞虫」といったような意味かと思われます。ネパールではセンチコガネの類が甲虫の代表格なのでしょうか? もしかすると、もっと別な意味がこの言葉にはあるのかもしれません。

アンタエウスオオクワガタは中国南西部からインドシナ、マレー半島、北東インドからネパールやブータンのヒマラヤ山脈沿いと幅広く分布をしております。地域によって、多少の形態変異が認められますが、今の所、亜種としての区分はなされておりません。
本種は、他のオオクワガタと比べ、体格が太く、体表の光沢が強く、♀や♂の小型個体の上翅に縦条が現れないのが特徴です。

このように、本種は大型のオオクワガタとしては異質な存在であります。かなり古い時代に、他のオオクワガタのグループと分化した種であるようで、未だオオクワガタとヒラタクワガタの系統が分かれる前のドルクス種の特徴を有しているようです。

生態面でも、クルビデンスオオクワガタやホペイオオクワガタよりも、多湿で柔らかい朽木を好んで産卵したり、マットにも産卵する等、所謂オオクワガタよりはヒラタクワガタ類に近い性質を有しております。

♂の大腮は、湾曲が強く、大型個体でも内歯が中央付近から大腮に対してほぼ直角に出る、所謂「中歯型」なのが特徴です。こうした大腮形状は、大型のオオクワの中では最もヨーロッパオオクワガタやムシモンオオクワガタのそれに近い雰囲気を有しており、特に小型の♂はムシモンオオクワガタやツノボソオオクワガタに良く似た雰囲気となります。しかし、本種では他のオオクワ類に見られる大腮下面の内歯状の突起が見られず、この点からも、一線を画する存在であると言えそうです。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2006.01.07 ネパール・ジャグナプール産F4×1♂1♀購入
2006.04.22 F5幼虫×5回収
ジャグナプール産 F4 1♂
1♀
0♂
0♀
1♂
1♀
F5
001 アンテ・ツノボソ化計画 2006.01.07
002 ペアリング 2006.01.08
003 産卵セット作成 2006.01.14
004 割出し&F5幼虫回収 2006.04.22
005 産卵木投入 2006.06.01