左:産地不明♂65mm大歯型 右:滋賀県産♂35mm原歯型
左: Dorcus hopei binodulosus 35mm
右: Dorcus parallelipipedus paralleipipedus 29mm
左: Dorcus parallelipipedus 23mm
右: Dorcus hopei binodulosus 23mm
和名 オオクワガタ
学名 Dorcus hopei binodulosus (Waterhouse, 1874)
分布 日本、朝鮮半島、中国東北部
体長 ♂=30.0 - 73.0mm
♀=30.0 - 50.0mm
成虫寿命 1年以上
幼虫期間 1〜3年程度
亜種 Dorcus hopei hopei (Saunders,1854) 中国:原名亜種
シノニム なし
研究者によって、ホペイオオクワガタの亜種とされたり、クルビデンスオオクワガタの亜種にされたりするようですが、最近はホペイの亜種という線で落ち着きつつあるようです。

日本最大のクワガタで、♂の大形個体では体長70mm を超え、強大で優美に湾曲した大顎と、がっしりとした体格を持ちます。
国内では、北海道南部〜本州、四国、九州と広く分布していますが、いずれも局所的な分布で、個体数はそれ程多くないと思われます。また、近年は里山の荒廃や、開発等で生息地が更に狭められつつあり、野外での採集は年々困難になっているようです。
こうした希少性から、大型個体に目の眩むような値付けがされた時代もありましたが、養殖技術が確立し、素人でも容易に大型個体を育成できるようになったことと、養殖個体が大量に出回るようになったことから、この10年程で、比較的安価に購入できるクワガタとなりました。また、寿命も長く、飼育下では5年以上生きた例もあるようです。このように丈夫で飼い易く、見た目も良いことから、最も人気のあるクワガタの一つに数えられています。

一見すると、同じドルクス属とは言え、ユーロオオクワとはかなりかけ離れた存在のように見えますが、時折現れる20〜30mm台の原歯型個体では、ユーロオオクワととても良く似た雰囲気となります。
左の写真は、滋賀県産の原歯型オオクワ35mm とフランス産ユーロオオクワ29mm、そして、岡山県産オオクワ23mmとトルコ産ユーロオオクワ23mmとを並べたものですが、随所に共通する特徴を見てとれるかと思います。
また、この写真では分かりづらいと思いますが、ユーロオオクワの大腮下面には内歯状の突起が現れます。国産オオクワの大歯〜中歯型では該当箇所に痕跡程度の膨らみがある程度ですが、小歯型では内歯の下に明確な突起を見い出すことが出来ます。恐らくは国産オオクワの祖先には、ユーロオオクワのような内歯状突起が大腮下面に存在していたのでしょう。

しかし、一方、米国のNCBI(National Center for Biotechnology Information)サイト中のデータベースに掲載されているユーロオオクワと国産オオクワのミトコンドリアDNAの塩基配列を比べてみますと、遺伝的にはかなりかけ離れた存在であるようです。以下にDHB=オオクワ、DPP=ユーロオオクワ、DTO=オキナワヒラタのそれの一部を書き出してみます。

DHB 1 acgaataaat aatataagat tttgattact tccaccatct ctcacgttcc tcctgatgag
DPP 1 agcaattggt ctcttaggtt tcatcgtttg agctcatcac atattcaccg ttggaataga
DTO 1 tcgcataaac aatatgagat tttgacttct tcctccttca cttacattcc tcctgataag

この部分の塩基配列の内、各々共通する配列の数を数えてみますと、ユーロオオクワとオオクワの間では18、ユーロオオクワとオキナワヒラタの間でも18、オオクワとオキナワヒラタの間では48となり、むしろ、オオクワとオキナワヒラタの方が、より近い配列を示しているように思えます。
ミトコンドリアDNAは母系の遺伝要素を示すものですが、少なくとも母系で見る限り、ユーロオオクワはオオクワとヒラタのどちらとも離れていますので、オオクワ系とヒラタ系が分かれ出る前のドルクス祖先種の形質を受け継いでいるのかも知れません。少なくとも、オオクワやヒラタ、コクワといった代表的なドルクス種のグループからはかけ離れた存在ではあるようです。



入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.10.17 産地不明1♂(65mm)購入
2004.12.04 滋賀産1♂(35mm)購入
2005.02.26 滋賀産1♀購入
2005.02.26 兵庫県阿古谷産1♀購入
2005.03.10 産地不明1♀購入

2005.04.10 産地不明1♀死亡
2005.05.27 滋賀産1♂死亡

2005.06.02 産地不明幼虫×1孵化
2005.06.08 産地不明幼虫×4孵化
2005.07.17 産地不明幼虫×13回収
2005.09.15 岡山産1♂(23mm)購入
2006.02.25 産地不明+阿古谷産CB1×1♂羽化
詳細産地不明 CB 1♂
1♀
0♂
1♀
1♂
0♀
CB1 1♂
幼虫×17
0♂
1♂
17
滋賀県産 F1 1♂
1♀
1♂
0♀
0♂
1♀
兵庫県産 F1 0♂
1♀
0♂
0♀
0♂
1♀
岡山県産 F2 1♂
0♀
0♂
0♀
1♂
0♀
001 オオクワ・パラレリ化計画 2005.03.01
002 計画始動 2005.05.16
003 採卵 2005.05.24
004 孵化 2005.06.02
005 続々孵化 2005.06.08
006 23mm プチ♂ 2005.09.15
007 簡易温室再稼動 2005.09.21
008 やっと前蛹に 2006.01.16
009 1♂蛹化 2006.01.22
010 30mm台♂蛹化! 2006.02.02
011 40mm台♂羽化! 2006.02.25
012 30mm台♂羽化! 2006.03.11