和名 ヒメヒラタクワガタ
学名 Dorcus parvulus (Hope et Westwood, 1845)
分布 台湾、フィリピン、インドネシア
体長 ♂=13.0 - 20.0mm
♀=13.0 - 20.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 半年〜1年程度
亜種 不明
シノニム 不明

フィリピンのタガログ語では、甲虫全般を"UWANG" (ウワン/オワン)と呼ぶようです。クワガタやヒメヒラタを指し示す言葉もあるのかも知れませんが、知り合いのフィリピン人は「知らない」と言っていましたので、存在するとしても、普遍的に通じる言葉ではなく、地方名やそれに類する言葉であるかも知れません。

ヒメヒラタはかつて、ヒメヒラタ属(Metallactulus)として分類されていましたが、ヒラタクワガタ属、コクワガタ属等と共にドルクス属に統合されました。国産のヤマトサビクワガタ等のサビクワガタ類と近縁で、見た目の印象は「毛のないサビクワ」といった感じです。
ヒメヒラタの類は、いずれも小型で、15〜25mm程度の種類が殆どです。本種も♂の最大体長は20mm程度にしかなりません。

体型や前胸背板の形状、複眼後方の突起や♂の大顎下面に内歯状の突起が現れる点等は、ユーロオオクワとも良く似ていますが、外観的には中東〜ギリシャに分布するペイロニスコクワガタ Dorcus peyronis により近いものを有しています。詳しい生態は良く分かっていないようですが、太短く、手足の短い体型から、似たような生態を有しているのではないかと推察されます。

入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.02.01 フィリピン・タリアブ島産幼虫×5匹入手
2005.03.13 蛹化不全で1匹死亡
2005.03.15 蛹化不全で1匹死亡

2005.04.29 ♂?×1蛹化
2005.05.08 蛹化不全で1匹死亡
2005.05.08 ♀?×1羽化確認
タリアブ島産 F2