ポーランドではユーロオオクワを"Ciolek czarny" と呼んでいるようです。
読みは、「チョーゥエク チャールヌィ」と御教示頂きました。
また、単語の意味は、"Ciolek" (チョーゥエク)が雄牛・雄鹿等の角のある動物の子供、"Czarny" (チャールヌィ)は「黒い」という意味であるとのことです。直訳すると「黒い子鹿(子牛)のような虫」となりますが、やはり立派な大腮を持つユーロミヤマとの対比で、角の発達しない子鹿(子牛)というニュアンスを含ませているように思いますので、ポーランド語のこの表現も、欧州で本種を指す場合に多用される、「ユーロミヤマより小さいクワガタ=コクワガタ」という表現の一つであろうと思われます。


<ポーランド産ユーロオオクワ関連サイト>

Nauka i Wiedza(ポーランド語)
Owadyinietylko(ポーランド語)