西コーカサス産コーカサスオオクワガタ
♂頭部のクローズアップ。
右はスロバキア・ブラチスラビア産原名亜種♂の小型個体。
内歯や複眼上突起、頭楯の形状等、外観的な差異は一見した所見当たらない。
複眼後方の突起が、D.caucasicus の方がより尖り、突出しているように見えるが、個体変異の範疇であろうか。


2005.09.27 追記

読者の方より、文中のロシア語単語、地名の発音に関しまして御指摘を賜りました。これに基づき、文中の表記を原音に近いものに改めました。この場を借りてお礼申し上げます。

ロシアではユーロオオクワのことを"Оленёк" (アリニョーク)と呼んでいるようです。
ロシア語で鹿のことを"Олень" (アリェーニ)、子鹿のことを"Оленёнок" (アリニョーナク)と言いますので、"Оленёк" のニュアンスとしては、「小さな鹿」(*読者の方から「マメジカ」の意との御指摘がありました)といった所かと思います。フランス語の"Petite biche" (小さな雌鹿)と似た表現です。
一方、ユーロミヤマは"Жук Олень" (ジューク アリェーニ)で、意味は「鹿のような甲虫」です。
「鹿(アリェーニ)」に対して「マメジカ(アリニョーク)」ですので、やはり、立派な大顎を持つユーロミヤマと比べ、角(大顎)の小さい奴という所から付けられた名前と言えそうです。

"Оленёк" だけでもユーロオオクワを意味しますが、これには広くドルクス種一般を指す意味もあるようです。ロシアにはユーロオオクワとその近似種しかドルクス属のクワガタは存在していないので、単に「ドルクス」と言うだけで、それがどんなクワガタなのか分かるのでしょう。
そこで、更に調べてみますと、ユーロオオクワであることを明確にしたい場合の言葉として、"Оленёк обыкновенный" (アリニョーク アビクナヴェーンヌィイ)というものがありました。
"Обыкновенный" には「普通」「一般」「ありふれた」「いつもの」といった意味がありますので、「普通のドルクス」「ありふれたドルクス」といったニュアンスになるかと思います。

広大なロシアには、所謂ヨーロッパロシアに分布する原名亜種のD.Parallelipipedus parallelipipedus の他に、コーカサス地方にはコーカサスオオクワガタ D.caucasicus Ganglbauer, 1886、中央アジアにはセプテントリオナリスオオクワガタ D.septentrionalis Bomans, 1991といった、ユーロオオクワに酷似したクワガタが分布しています。これらがそれぞれ、ユーロオオクワの亜種であるとするならば、ロシアには少なくとも3亜種のユーロオオクワが生息していることになります。


写真上はDorcus caucasicusで、左が♂、右が♀です。
ラベルはどちらも「W Caucasus, Abkhazia, Bzyb Mt. rng., Huap v., 1600m, 24.06.04」となっておりますので、西コーカサスのアプハジア自治共和国にあるブズィーピという地方で採集された個体のようです。
D.parallelipipedus と比べてみますと、写真の個体では複眼後方の突起がより顕著に現れている点と、前胸背板側縁形状がやや丸みを帯びている点も本種の特徴として挙げられるかも知れません。一方、♀は前胸背板は前方に向けてのテーパーがより急であるようです。
しかし、全体の印象としては、D.parallelipipedus に対してこれといった違いは無いようで、見た目からは、別種とするよりは、亜種又は変種という扱いで充分なような気がします。少なくとも、ムシモンオオクワガタD.musimon よりは、ヨーロッパオオクワガタに近いと思われます。

アプハジアの扱いに関しては、「雑感005アプハジア」を参照の事。


<ロシア産ユーロオオクワ関連サイト>

Flor Animal(ロシア語)



●Dorcus caucasicus
入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.12.17 西コーカサス Abkhazia産標本1♂1♀購入 西コーカサス産 WD 1♂
1♀
0♂
0♀
0♂
0♀