和名 リュウキュウコクワガタ
学名 Dorcus okinawanus (Nomura, 1964)
分布 奄美大島、加計呂間島、沖縄本島、西表島
体長 ♂=20.0 - 35.0mm
♀=20.0 - 30.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 半年〜1年程度
亜種 アマミコクワガタ(奄美大島、加計呂間島)
Dorcus okinawanus amamianus (Mizunuma,1994)

トクノシマコクワガタ(徳之島)
Dorcus okinawanus kubotai (Fujita et Ichikawa,1985)

ヤエヤマコクワガタ(西表島)
Dorcum okinawanus yaeyamaensis (Hori, 1991)

シノニム なし
南西諸島に生息する、コクワガタの近縁種です。
本土のコクワガタはオオクワガタと交雑可能であることが知られ、種として両者はかなり近縁であると思われますが、大顎の形状に関しては、本種の方が、よりオオクワライクであります。

リュウキュウコクワは最大でも35mm 程度にしかならない小型種で、サイズ的にはユーロオオクワとほぼ同じですが、体に比べ手足が長く、スマートな体格であるのが特徴で、他のユーロオオクワ近縁の小型ドルクスとは一線を画しております。どちらかというと、全体的な雰囲気は、オオクワよりもヒメオオクワと良く似ているように思えます。特に全体のスタイルや前胸背板の形状等、ヒメオオに酷似していると言っても過言ではないでしょう。
本土のコクワガタは、ヒメオオとも交雑することが報告されていますが、リュウキュウコクワはひょっとすると、本土のコクワよりも種としてヒメオオに近い存在なのかも知れません。


フランス産ヨーロッパオオクワガタとの比較。

リュウキュウコクワの方が手足が長く、体も細いので、とてもスマートな印象を受けます。
内歯の位置もユーロオオクワが前方に付くのに対し、リュウキュウコクワは基部近くに位置し、ほぼ直角に突き出る等、国産オオクワの原歯型個体と同じ付き方をしています。

入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.11.13 沖縄本島大国林道産2♂♂2♀♀購入 沖縄本島産 WD 2♂
2♀
0♂
0♀
2♂
2♀