和名 ヤマトサビクワガタ
学名 Dorcus japonicus (Nakane et S.Makino, 1985)
分布 徳之島、佐多岬?
体長 ♂=14.0 - 25.0mm
♀=14.0 - 25.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 半年〜1年程度
亜種 タイワンサビクワガタ Dorcus carinulatus (Nagel,1941) とは亜種関係か?
シノニム なし

比較的最近発見された、国産最小のドルクス種です。
成虫は体表に微毛を有し、上翅では5条の微毛列となります。この微毛に土砂や木屑等が付着し、錆びのような様相を呈する所から、「サビクワガタ」の和名がつけられました。
サビクワガタには、ドルクス属のものと、サビクワガタ属のものとがありますが、いずれも東南アジアを中心に広く分布しております。この内、ドルクス属のサビクワとしては、タイワンサビクワガタ、ベルティヌスサビクワガタ等が知られております。また、台湾〜東南アジアにかけて、ヒメヒラタと呼ばれる小型ドルクス種が分布しておりますが、これは「毛のないサビクワ」といった感じのクワガタで、両者は種として近縁であると思われます。

このサビクワ、ヒメヒラタの仲間はいずれも手足が短く、雰囲気的にはユーロオオクワを彷佛させますが、複眼上突起が大きく張り出すのと、複眼後方に突起を有する種が多いのが特徴で、同様の特徴を持つ、中東〜ギリシャに分布するペイロニスコクワガタ Dorcus peyronis はかなり近い種類なのではないかと思われます。
ユーロオオクワにより近縁と思われ、亜種関係にあるのではとされるコーカサスオオクワガタ Dorcus caucasicus は、複眼後方の突起が発達することが知られますので、やはりユーロオオクワと、ペイロニスコクワやサビ/ヒメヒラタのグループはドルクス属の中でも比較的近縁なのではないかと私は思います。

入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.12.24 台湾南投県日月潭産1♂2♀♀入手
2005.06.02 F4幼虫×2回収

2005.09.03 F3×2♀♀死亡確認
2005.09.03 F4幼虫×4回収
2005.11.23 F4幼虫×2死亡確認
2005.11.23 F4×1♂3♀♀羽化確認
2006.06.20 F5幼虫×20回収
台湾産 F3 1♂
2♀
0♂
2♀
1♂
0♀
F4 1♂
3♀
0♂
0♀
1♂
3♀
F5 20 20


2006.06.20(火) 晴 最高室温:28.1℃ 最低室温:25.9℃
■F5幼虫回収
 昨年11/23以来、エサ交換以外は放置していたのだが、これはF4の飼育を通じて、こいつらは放置していても勝手に増えるであろうという感触を得たからである。しかし、実際に卵を産んでいるのかどうか気になったので、やっぱり割出してみることにした。良く考えてみると、ヤマトサビは余り活発に動きまわる方ではないから、放置しておくと、例え増えていたとしても、それに気付かない公算が高い。それだと何のために飼育しているのか意味不明である。

 まず、マットの中には幼虫は見当たらなかった。F4の時もそうだが、ヤマトサビは材産みメインの種であるようだ。見た目的にはマットに産みそうな雰囲気だったので、これは少々意外であった。
 材は埋没部分を中心に、表面に複数の齧り跡と、食痕と思しき木屑がそこかしこについており、中には相当数の幼虫がいることが予測された。ドライバーを突き立て、材を割ると案の定複数の幼虫が転がり出てきた。一匹は2齢と思しき、割と大きな幼虫であったが、残りは孵化してさほど日が経っていないような、小さな初齢幼虫であった。
 以後も一割りする毎に、小さな初齢幼虫と時折卵が出てくる。どうやら未だ産卵進行中のようである。本当に次から次に初齢幼虫が出てくるのだが、20匹を取り出した所で数えるのが面倒になってきてしまった。まだ材を1/3程割っただけでこの有り様である。一体この先何匹出てくるのか考えるとウンザリしてきたので、残りの割出しは、幼虫が2齢になる迄待ってから行う事にした。

2005.11.23(水) 晴 最高室温:21.5℃ 最低室温:18.7℃
■F4新成虫
 F4幼虫6匹中4匹が無事、1♂3♀♀の成虫となった。
 未だ♂親は存命であり、新しくセットアップした飼育ケージにて、親子の対面を試みた。

 新成虫はまだ体表にマットカス等が付着しておらず、黒々としており、白茶けた感じになってしまっている♂親とは対照的である。とは言え、活動を始めるようになれば、やがて彼等も体表にマットカスが付着して行き、ヤマトサビらしくなっていくことであろう。

 それにしても、ヤマトサビのこの特徴は、中々に見事なカムフラージュ術であると思う。右の写真はヤマトサビ親子のクローズアップであるが、どこに♂親がいるかお分かりになるだろうか? こうしたクワガタらしからぬ技を持っているあたりが本種の魅力であり、また、そんな珍妙なクワガタが日本にいる(飼育個体は台湾産だが)と思うと、そこはかとなく嬉しい気分になってくる。
 セットから半年と経たずに成虫が羽化してきたように、繁殖のサイクルも短目であるし、90ccのプリンカップで羽化迄持っていけるので場所もとらず、地味ではあるが、中々に飼っていて面白いクワガタだと思う。

 飼育ケージはディ・キャッツのHR-1(ミニプラケ相当)を使用。このケース、通常のミニプラケよりも若干奥行きがあるので、本種のような超小型種の産卵セットに丁度良い。仕切板とコバエ侵入防止対策(コバエが通れないサイズの通気孔が穿たれている)が施された蓋が付属して\200- という価格も有り難い。
 これに柔らか目のコナラ材をフジコン・ドルクスフレークにてほぼ完全に埋め込んである。前回は普通のミニプラケに霊芝材をカットしたものをフジコン・マルチブリードフレークにて埋め込んだのだが、幼虫回収数は6匹とイマイチであったので、今回はより醗酵の進んだマットに切り替えてみた次第である。