スウェーデンではユーロオオクワを"Bokoxe" と呼んでいるようです。
"Bok" は「ブナ」、"Oxe"は「牛」を意味する言葉ですので、「ブナに棲む牛のような虫」という意味になろうかと思います。
一方、ユーロミヤマは"Ekoxe" ("Ek"=樫)と呼ばれており、これに対して"mindle ekoxe" (小さなEkoxe)という呼び方もあるようです。この場合は、「コクワガタ」といったニュアンスになります。

ユーロオオクワは、スウェーデン南部で得られた個体をもって、1758年にリンネによって記載されました。従って、スウェーデン産のユーロオオクワこそが、原名亜種というにふさわし個体群であると言えるでしょう。
しかしながら、Swedish Species Information Center のスウェーデンのレッドリスト(http://www.artdata.slu.se/redlist.htm)によれば、本種は準絶滅危惧種(NT)に指定されており、現状では差し迫った絶滅の危惧はないものの、近い将来、より危険度の高いカテゴリーへの移行が危惧される種とされております。


<スウェーデン産ユーロオオクワ関連サイト>

Naturskyddsfoereningen i Kristianstad(スウェーデン語)