2004.12.25(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■スロバキア産ユーロオオクワ
 先日落札したレア産地ユーロオオクワ幼虫の出品者の方から、某店にスロバキア産ユーロオクワが入荷しているという情報を頂き、その方は2ペア、私が1ペアを購入した。私がその方から落札した幼虫の中にチェコ産があったので、これで「チェコ・スロバキア」という馴染み深い名称が当家にて成立することとなる。やはり、「チェコ」ときたら、「スロバキア」であろう。私が留守中に荷物を受取った妻に、また同じ種類の虫を買った理由についてそのように述べると、「良かったね」とのことであった。

 そう言えば、ここ数カ月、結構な頻度で虫や飼育資材等を通販やオークションを通じて購入しているのであるが、どういう訳か、ことごとく運送業者がクロネコ・ヤマトなのである。現在、この地区を担当しているドライバーさんとは結構長い付き合いなのであるが、先日、箱買いしたゼリーを届けてくれた際、妻に「御主人宛の荷物、前はカメラが多かったですけど、最近虫を飼いはじめたんですか? 今日のこの荷物は重いですねえ、エサですか?」とコメントしたらしい。
 最近飼い始めたという訳ではないが、確かにここ半年程は、通販を利用することが多くなったと思う。逆にライカ関係は、同じ通販でもドイツやオーストリアの店から買うことが増えたので、ヤマトさんのお世話になることは殆どなくなったかも知れない。ただ物を運ぶだけでなく、各家庭ごとの荷物の傾向とか、ちゃんと把握しているらしい。

 それはさておき、早速梱包を解き、中身を確認する。
 今回購入したのは、♂♀共に20mm台前半というペアであったので、出てきたのはやや小粒なユーロオオクワであった。小さいながらも元気で、フセツ欠けや目立った外傷もなく、良好な状態である。
 鈍いダークグレーの体色や、点刻列や隆条が出ない♀上翅等、外観はフランス産と同じ特徴を有しており、原名亜種であると思われる。

 撮影のために、コルクボードの上に♂♀並べて配置すると、すぐさま♂が動き出し、隣の♀にモーションをかけはじめた。中々お盛んなようだ。妻が倅が遊んでいたウルトラマン人形で茶々を入れても、全くお構いナシで、♂が大顎で♀を抑えこんだりしている。
 改めて写真を見ると、襲い掛かろうとするウルトラマンから♀を守ろうとしている所か、怯えて身を寄せて震えているようにも見えなくもないが、実際は♂が懸命に♀に交尾を迫っているだけである。ま、繁殖させるという目的からすると、お盛んなのは大変結構なことであり、是非この調子で頑張ってもらい、子孫を残していって欲しいと思う。