2004.12.28(火) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ケージセットアップ
 昨日、やっと例の¥1600−アクリル水槽と産卵木を購入できたので、本日トルコ産&フランス産の産卵木交換と併せてスロバキア産のケージをセットアップした。
 この水槽、フィルターとセットになって「金魚飼育セット」「メダカ飼育セット」という名で大量販売されており、普通に同サイズのアクリルボックスを買うより安いので、最近利用しているのであるが、意外とこの時期でも金魚やメダカを飼い始める人がいるらしく(または、観賞魚用に小型アクリル水槽を探している人が結構いるのかも)、先日、ムシモン用と併せて2個購入しようと近所のホームセンターに出掛けてみたものの、1つだけしか残っていなかったのである。別のホームセンターにも寄ってみたが、こちらは既に全滅であった。
 ついこの間まで、大量に在庫されていただけに、少々驚いたのだが、昨日、仕事のついでに寄った船橋のホームセンターには、変わらず大量に在庫されていたので、どうやら埼玉南部でのみ売れているということのようである。

 セット内容はいつもの如くで、広葉樹の一次発酵マットを敷き、産卵木を1本埋設し、表面に転倒時の足掛かりとなるように、木片や樹皮片を散布して完了である。本当はエサ皿も設置したい所であるが、あいにく手元に適当なサイズのもの(16g のゼリーカップ1個をセットできる奴)が無いので、これは省略した。

 この、一辺17.5cm のアクリル水槽は本当に手頃なサイズで、ユーロオオクワの飼育観察用ケージにはもってこいである。産卵木1〜2本と餌皿を設置するのに充分な面積と、観察するのに適当な上部空間を確保できるのである。この見通しの良さは、クワガタに余計なストレスを与え、産卵数を低下させる原因になるのではないかという危惧もあるのであるが、用の無い時は黒い布でも被せておけば、それほどクワガタにストレスを与えずに済むのではないかと思う。

スロバキア産INDEXへ