2004.12.31(金) 雨後雪 最高気温:℃ 最低気温:℃
■徘徊開始
 ケージに投入して以来、マットに潜りっぱなしで、表に全く姿を現さなかったスロバキア産ユーロオオクワが、昨晩、ケージ内を徘徊しはじめた。ケージ投入前、一時的に別容器に入れていた頃、♀がエサゼリーにたかっていたのを見ているのだが、今の所、表に出てきているのは♂だけのようである。

 ♀はケージ内に適当な材がある場合、材の下や、その周辺に潜み、余り外には出てこないように思う。イタリア産の♀も材を入れたケージに入れてから、外に出てきている所を一度も見ていない。
 シリア産やフランス産の♀は、最近姿を見せるようになったが、いずれも程度の差こそあれ、ある程度材を齧った後のことである。産卵が一段落すると、再び外に出て徘徊するようになるのではないだろうか?


スロバキア産INDEXへ