2005.01.02(日) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ユーロオオクワが飛んだ
 今日も♂は、活発にケージ内の徘徊を続けている。
 先程、♂がゼリーカップにとまっているのに気付いたので、エサを食べている所でも写真に収めようと、デジカメを持って近寄ってみると、彼はエサを食べているのではなく、カップの縁から、羽を広げて飛び立とうとしている所であった。
 これは撮らねばなるまいと、慌ててデジカメを起動したのだが、このデジカメ、撮影状態になるまでにエラく時間がかかる。もっとも、時間にすれば数秒のことなのだが、こういう時のムダな数秒は致命傷である。

 まず、レンズカバーを開き、レンズを撮影位置まで繰り出さねばならないが、この、モーター駆動によるレンズの繰り出しが非常に緩慢である。この時、一瞬液晶がついて、現在選択されている撮影モード等が表示されるのであるが、何故かそのまま液晶は点灯し続けず、2秒程で一旦落ちてしまうのだ。液晶を使って撮影するには、一旦落ちるのを待ってから、再度点灯ボタンを押さねばならないという不便極まりない仕様なのである。勿論、液晶を使わずに、光学ファインダーを用いて撮影するならば、レンズの繰り出しが終った時点で、即撮影することができる。が、一眼レフとは違い、レンズを通過した映像がファインダーに投影されている訳ではないので、パララックス(視差)がどうしても生じてしまう。このパララックスは被写体との距離が近ければ近い程顕著になるものなので、マクロモードでの撮影に光学ファインダーは全く役に立たないのである。パララックスなしで撮るためには、どうしても液晶画面を用いる必要があるのだ。

 液晶を点灯させようとしている間に、ユーロオオクワは「ブビビ」っと飛び立ってしまった。スグに壁にぶつかって、再び地上を歩くことにはなったが、滅多に見られないユーロオオクワの飛翔シーンであった。
 もう一度飛ばないかと、その後も暫くデジカメを構えて観察を続けたのであるが、再びゼリーカップに登った際に飛びかけたものの、バランスを崩して転倒するのを目撃するに留まった。
 写真は転倒する直前の、羽を開きかけた時のものである。

スロバキア産INDEXへ