2005.01.21(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■交尾確認!
 今日は元旦に割り出して空振った、トルコ産の材の割りカスから無事幼虫を回収することができた。作業を終え、ふとスロバキア産ケージに目をやってみると、ケージの最前面、エサ皿の所で2匹のユーロオオクワが戯れているのが見えた。よもやと思い、デジカメを手に近寄ってみると、思った通り、交尾の最中であった。幼虫を回収できた上に交尾シーンまで見られるとは、今日はツイているらしい。
 ジリジリと動きながらの交尾であり、♀がケージの角に達してしまって、体勢が崩れてしまったのが少々残念であるが、とりあえず交尾シーンを写真に収めることも出来た。

 交尾シーンを目撃したのは、シリア産2例に続いて、これで3例目である。原名亜種の交尾シーンの目撃例としては、これが最初となる。
 シリア変種と比べて、原名亜種は姿を見せる割合が少ないので、交尾シーンを目撃できるとは、正直余り期待はしていなかったのであるが、思いがけず目にすることができて、ちょっと嬉しい。やはりエサ皿を入れたのが良かったのだろうか?
 クワガタの飼育解説書等では良く、「エサ皿は♂♀出合いの場」と書かれているが、確かにエサ皿付近を徘徊していることは多いと思う。なにはともあれ、元々野生の個体であり、交尾済みの可能性が高い上に、今日また交尾をした訳であるから、この♀が産卵に及ぶのはほぼ確実である。あとは仕込んである材を気に入り、ちゃんと卵を産んでくれることを願うばかりである。

スロバキア産INDEXへ